千葉にある駅から近い便利な葬儀場を聞いてきた質問者への回答です。駅近で式場スタッフの質もいいという寄稿者の体験談をもとに概要を記述します。
Show MenuHide Menu

千葉で火葬場併設の葬儀場のメリット・デメリットは?

2016年9月5日

葬儀を考えたとき、千葉にも火葬場併設、駅近、式場の最新・最先端など選択肢はいくつかあります。

故人の遺志も尊重したいというかたもいらっしゃるかと思います。

選択肢はいくつもあるので、故人の遺志をくみ取り、自分たちが後悔しない葬儀を考えることが大切です。

【参考サイト紹介・・・http://www.news-postseven.com/archives/20160420_403816.html

そのため葬儀のメリット・デメリットをどう捉えるべきかはむずかしいところです。

■バス移動の不要や葬儀費用の軽減。

千葉にある火葬場併設の葬儀場は、感覚でしかありませんが全体の3分の1程度ではないかと思います。

回答者である当家の場合は、千葉に実家がありましたので、たまたま利用させていただいたのが「ウイングホール柏斎場」という式場でした。

メリットはもちろん敷地内に火葬場があるので、バスでの移動やそれにかかる余分な時間がないという点です。

会葬者をお迎えする立場の遺族側としては、そちらに対する気遣いも少なくてすみます。

また葬儀費用も、その分が安くなると思います。

■ただくらべるだけの葬儀場選び?

火葬場のない葬儀場のメリット・デメリットを論じるのはむずかしいです。

たとえば火葬場はないけれど、その分、最寄り駅から近いとか、他の葬儀場にはない新しいシステムや豪華さがあるというなら話しは違ってきます。

たとえば千葉県佐倉市にある「ウィズモア佐倉」などは、邸宅風の外観で「1日1組限定の葬儀」を売りにしています。

内部の設備や仕様も素晴らしく、親族控え室はメゾネットになっていたと思います。

葬儀場然とした旧来型の式場で、ただ火葬場の有無で比較するなら、圧倒的に併設型のほうにメリットがあります。

■葬儀は遺族側の利用者目線ではなく参列者目線で選ぶべきです。

立地もただ駅近というだけでは配慮が足りない気がします。

遺族は会葬者に来場していただく、わざわざご足労いただく立場ですから、遺族側にとっての利便性ではなく参列者目線が大事だと思います。

立地もただJR千葉駅から近いなどという考えではなく、参列される方全員がどの地域であれば便利かを考えてみましょう。